2007年秀英予備校に関する報道について

2007年8月30日 ZAKZAK
生徒まで営業マン”過激”学習塾あきれた「集客戦略」


「アジテーション」「オルグ」「動員」「組織化」といえば、かつての学生運動を彷彿とさせる過激派セクトの”業界用語”。しかし、これらの過激な用語を、夏期講習受講生の囲い込みのために社内で公然と使用する有名進学塾の存在が、夕刊フジの取材で明らかになった。
この塾は、全国に204校を展開する東証1部上場の「秀英予備校」(静岡市)。仙台市で今夏、夏期講習参加費を無料にして話題を呼んだ。かつて本部長まで務めた元社員がこう語る。
「夏期講習こそ生徒獲得(=組織化)の最大のチャンス。既存の生徒を生徒勧誘の営業マンに仕立て上げるため、ゴールデンウイーク明けから通常の授業時間を5?15分割愛して、各講師が勧誘指導(=アジテーション)を実施。学校の友人たちを夏期講習に勧誘させます。この実績だけで社員の評価が決まるので全員必死です」
何も知らない生徒たちは学校のクラスメート、部活の仲間、他校の親友までリストアップし、組織化に邁進(まいしん)することになる。成果を上げれば図書券などのインセンティブが付くが、逆の場合には、目標人数を夏期講習に参加(=動員)させるための個別指導(=オルグ)が実施されるという。
組織拡大を目指す同塾の頂点に君臨するのが渡辺武社長(59)だが、実際に仕切っているのは、業界内で”卑弥呼”と恐れられる専務管理本部長兼経理部長の喜代子夫人(56)といわれる。
静岡市で個人塾を経営していた武氏と結婚した喜代子夫人は、1982年、浜松を拠点に展開中だった佐鳴学院(現・佐鳴予備校)創業者、佐藤イサク氏の下で、予備校経営のノウハウを学んだ。瞬く間に勢力を拡大し、中部地方に「佐鳴・秀英」の2大体制を築き上げた豪腕妻だ。
同校は「100%正社員」をうたっているが、「正社員であるがゆえに、営業に力点を置いた方針に異を唱えられない」(元社員)という。
同塾広報部は「強制ではありませんが、在校生に友達の紹介を依頼し、入塾の際に謝礼することはあります。社内用語については、誤解を招く言葉遣いを改めるように指導を続けております。専務については、ご指摘のような事実はありません」と回答している。


スポンサーリンク
スポンサーリンク