QE授業とは?

湘南ゼミナールでは、生徒が受け身になりがちなプリントやテキストを一切使わず、一問一問語りかける「発問」(質問)という独自の指導法で指導します。

この生徒参加型授業のことをQE授業といいます。

この湘南ゼミナールのQE授業ではテキストは、国語を除いて授業中には使いません。テキストを使わず、講師が子供のレベルに応じた発問(質問)をすることで、子供自らが考え、講師の解答後に正解か不正解かを挙手で確認します。このサイクルを、そして失敗と成功を繰り返しつつレベルアップを図ります。

QE授業についての心配がよく聞かれますが、同レベルの問題を2,3回は行いますのでまず大丈夫です。

湘南ゼミナールでは、講師の発問に対して、生徒の間違いが続くような場合は授業後に残って個別にフォローします。

湘南ゼミナールのQE授業で子供たちに伝えたい点は、
間違えることは恥ずかしいことではなく、自らが挙手をして意見を述べるということこれは社会に出ても重要になることですよね。

また1年間のQE授業では約7000回の考える機会があります。

これに加えて、小テスト、宿題、机間巡視、態度など理解度を総合的に見ていきます。

宿題はちゃーんとテキストを使いますからご安心を!

無料体験授業もありますので湘南ゼミナールのQE授業は、ぜひ一度は受けてみてほしい授業です。

  「同じところを何度も何度も間違えます!」お母さんからの相談

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク