ウィザス大学合格実績で過大表示

消費者庁は2011年4月26日、大学合格者数を過大に表示した景品表示法違反(優良誤認)があったとして、業務提携している大阪市のウィザスと千葉県市川市の市進ホールディングス(HD)の学習塾運営会社2社にそれぞれ措置命令を出しました。

消費者庁によると、関西を中心に「第一ゼミナール」を運営するウィザスは、2010年度の大学合格実績で、系列学習塾の合格者数に市進HDの合格者数を合算、ゼロだった東京大合格者を43人にしていました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク