高校受験コースの指導システム

第一ゼミナールの高校受験コースでは、一番の特徴である3段階定着方式を使って、少人数のクラス編成で指導します。

また第一ゼミナールは一人一人と向き合う教育を重視します。子供の意欲を喚起する「褒める・励ます」という外部からの働きかけと3段階方式の学習により最小の努力で最大の効果を出します。

勉強において一番大事なのは子供たちにわかるまで繰り返しやらせ、「できる」という自信を持たせる。そして生徒を伸ばすのが第一ゼミーナルの指導システムといえるでしょう。

また3段階定着方式の学習方法以外に充実した学習支援教材を使用し、成績アップを目指します。

その学習支援教材としては、まず厳選されたパターン問題が中心の「授業用教材」 があります。
レベルに応じて段階的に学習できるように編集されている教材を授業で使用します。

さらに自学自習を目的とし、やり直しの徹底や授業の復習に活用する「即復習ノート」があります。わかるまで徹底的にを形にした復習ノートで「もうなんの勉強をすればいいの?」という心配はいりません。

さらに第一ゼミナールでは、家庭学習で取り組む「宿題家庭学習用教材」もあります。
習った単元を最大限に活かすには家庭学習の取り組み方が重要なのはいうまでもありません。
家庭用教材は、授業用教材と連動しており、効果的な反復学習が可能です。

そしてとどめは、各中学校の過去の定期テストの問題を分析してまとめた「定期テスト対策教材」。第一ゼミナールでは、大手の学習塾でしかなしえない豊富なオリジナル教材で子供たちの学習をバックアップしています。

  宿題はやらず、先生に何を言われても平気な子供に親ができること

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク