第一ゼミナールの特徴(その1)

第一ゼミナールには「教科マイスター」というプロがいます。これが1つの大きな特徴なのですが、

マイスターは、主に各教科単位で全国規模の私立・公立高校の入試問題や教科書を分析・研究しています。また各都道府県別の入試システムなども把握することによって、情報を集約して的確なアドバイスを出すことができます。

マイスターとはドイツ語でその意味は「徒弟制度による職人の最上位」「師匠」などで模範・規範の師を指すときにつかわれます。この各教科の最高責任者であるマイスターが第一ゼミナールには、中学部・小学部の各5教科にそれぞれ1名の合計10名のマイスターが存在しています。

続きを読む

スポンサーリンク