中萬学院の特徴

中萬学院は、1954年、公立中学の教師だった中萬憲明会長が英語教育を通した「人づくり」を目指し、横浜市金沢区に英語の専門塾を創立。1962年高校受験指導部門、1975年中学受験指導部門、1987年大学受験指導部門、1991年個別指導部門を設立、今日に至っています。

2006年に小中学部の完全分離を行い、
高校受験部門「CG中萬学院」
中学受験部門「CG啓明館」
大学受験部門「CG高等館東進衛生予備校」
個別指導部門「CGパーソナル」
集団指導+個別指導「CGハイブリッド」
がそれぞれ独立した事業部としてグループを形成しています。

事業部体制にしたのは、それぞれに異なる中学受験・高校受験・大学受験で成果をあげるために講師や塾自身が専門性を高めることが不可欠との考えから。

この事業部体制により、各受験の専門性を維持しつつ、小学生から高校生までの総合一貫教育体制が整いました。2008年現在、神奈川県下・東京都下に131教室を展開しています。

中萬学院が掲げる「教師50訓スピリット」 はつとに有名で10万人以上の卒塾生を輩出した熱い教師スピリットは健在です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク